注射

美容や健康に力を発揮すると言われるプラセンタは、医療機関ではプラセンタ注射と称して利用することができます。
プラセンタ注射は、直接的に体の中へとプラセンタを注入するので、化粧品やサプリメントなどに比べてすぐ効くと言われています。
ただし、プラセンタを一回注入したからといっても、永続的な効果が得られるわけではありません。
長くプラセンタの効き目を得たいのであれば、毎週一回注射すると良いようです。
プラセンタ注射は続けてすることで、細胞を活性化させますので、一度ずつの注射から受けられる効果が長持ちするようになります。
プラセンタ注射に関しては、更年期障害や肝機能障害、それから乳汁分泌不全等の病気を改善する目的であるなら保険が適用されることになっています。
この他のシミやそばかすの回復、アンチエイジングなどの美容効果が目当ての注射では保険の対象に含まれません。
プラセンタ注射の保険適用外となる場合には、各クリニックでの自費診療となるため金額には差があります。
このケースでのプラセンタ注射の費用は、2000円程が相場のようです。
さらに、肩こりや腰痛などの痛みの治療としてプラセンタ注射を用いる際でも医療行為とは認められず、保険が適用されることはありません。
治療であるとの認定で保険適用内とされる2種類のプラセンタ注射ですが、更年期障害や乳汁分泌不全の治療にはメルスモン、肝機能障害に対してはラエンネックが効果的とされています。
プラセンタ注射は腕はお尻などに行なう皮下注射や筋肉注射だけに限らず、点滴の形で注入するケースもあります。
一方、腰痛や肩こりに対してはツボに注射を行います。
どのやり方で行うとしても、主治医の意見を聞きながら、プラセンタ注射を受けると良いでしょう。