種類

プラセンタは胎盤を示しているということはご存知の方も多いと思いますが、詳しい種類や内容についてはあまり知られていないようです。
美容分野や医療分野で取り入れられているプラセンタには、いくつかの分類があります。
プラセンタには主に、動物性と植物性が見られます。
動物性プラセンタというと、人間だけでなく馬、豚、羊の胎盤があります。
使用するのは人間ですから、人のプラセンタが一番合うのではないかと思うかもしれませんが、多くの場合は人の胎盤を駆使していないようです。
現実に人の胎盤を採用しているものは許可を得た製薬メーカーで製造が行われ、医療機関に限って用いられています。
歴史を紐解くと過去に牛が原料のプラセンタも作られていたようですが、狂牛病の問題が発覚してからは使用が認められていません。
この頃、一般的に使われているのは豚からとられたプラセンタです。
豚から抽出したプラセンタは人間の組織によく似ているため、人にも適しているようです。
植物性のプラセンタというと、ちょっと変な感じがするかもしれません。
プラセンタは胎盤のことなので、どういったものなのか引っ掛かるでしょう。
植物性のプラセンタは植物から取り出されるもので、ミネラル、ビタミン、アミノ酸などがたっぷりと含有されています。
ただ、動物性のプラセンタに備わる細胞を多くさせる成長因子は含まれていないのです。
このために、肌や細胞を若返らせるような動物性プラセンタと同じ効果が望めるかどうかは不明な部分もあるようです。